The Sky Is NOT Falling. We Can All Fly. 空は落ちてこない。私たちはみんな飛べるんだ。 HANG UP YOUR WORRIES 無駄な心配、不安、悩むのをお止めなさい 音楽 © 2015 金輪彰一 https:...

311福島放射線事情・原発関連風評被害について

15:17 SHOICHI DESIGN OFFICE TOKYO 0 Comments

The Sky Is NOT Falling. We Can All Fly.
空は落ちてこない。私たちはみんな飛べるんだ。

HANG UP YOUR WORRIES
無駄な心配、不安、悩むのをお止めなさい
音楽 © 2015 金輪彰一
https://soundcloud.com/the0-info/hang-up-your-worries-2
#Repeatable
曲はリピート再生すると延々聴き込めるように作ってあります。
HANG UP YOUR WORRIES © SHOICHI KANAWA

 311以降の福島放射線事情における風評被害について

 私たちは様々な情報ソースやメディアの偏った報道に踊らされないように細心の注意を払いながら、世界中のより多くの正式な科学的論文、研究結果、資料をテクノロジーを駆使し勉強した。
 主に放射線についての科学論文や現状の福島の状況について勉強を通し確認したことは、どれも「問題がない」もしくは「大丈夫」「心配ない」「仮に将来問題が起きたとして、その問題と現在の状況の因果関係が科学的には見られないであろう」というものであった。
 それらは、ネット上で誰でもが無料で閲覧(放射線については主に英語の論文が多いが、最近では簡単に翻訳なども出来るので容易に)確認できるものであり、調べれば調べるほど、それらには大きな差が見られず、「問題がない」もしくは「大丈夫」「心配ない」「仮に将来問題が起きたとして、その問題と現在の状況の因果関係が科学的には見られないであろう」という点で共通している。
 きちんと勉強をすればするほど、福島の放射線被害についての良からぬ情報は、ほぼ全てが風評被害のたぐいである事がわかった。

 それ以上もそれ以下もない。

 私たちは心の問題も同時進行で深く話し合い、ある結論に達した。
 私たちは「不安」にある事が言わば習慣的になっているのではないか。「大丈夫」と誰かが言ったとしても、本人が自分自身の力で「大丈夫」であることを導き出さない限り、それはいつまでも「不安」である事。
 人の「不安」を煽る、もしくは利用した様々な情報や、ある一定のイデオロギーにさらされる中で「不安」である事が無駄であり非生産的で周囲にも悪影響を与える事を自らが認識する必要があるのではないか。
 そして 「大丈夫」であることは、本人にしか成し得ないのではないか、本人が努力し確認していく上で「大丈夫」な状態に慣れて行く以外ないのではないか、と言うものである。本当に不安ならば、たいていその人は自分自身の力で克服します。そうでないから風評被害と言われるんですね。

 無駄に「不安」である人不幸」な人は世界をそのような視点で捉え理解する。無駄な不安」は人々を巻き込む悪習慣であると思うあなたが「不安」であることで風評被害を撒き散らす行為は、滑稽です。HANG UP YOUR WORRIES 無駄な心配不安悩むのをお止めなさい

 空は落ちてきません。

 全ての人が「大丈夫」で「幸福」であることをサポートしたいとは思いますが、マイナスのエネルギーに引っ張られることは望まないので無駄な論争は避けたいと思う。

 世界は少しも悲惨ではない。あなたの心が今、たまたま悲惨なのだ。

 現在の所、そのような見解に至っています。金輪彰一 2015年5月記


 P.S. 2016年、福島の友人たちの所に実際に遊びに行ったが、今もまったく同じように考えている。

0 コメント: